プラセンタで前立腺肥大を抑制

プラセンタのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの効果
  3. プラセンタで前立腺肥大を抑制

プラセンタの効能:前立腺肥大を抑制


ここではプラセンタに期待できる効能の一つ、前立腺肥大の抑制について解説します。

前立腺肥大とは

前立腺は膀胱の下部にある臓器で男性生殖器官の一つです。およそ20gほどの重量でくるみ大の大きさと表現されます。前立腺肥大症とはその名の通り、前立腺の内側の部分が肥大化する病気です。

50歳代でおよそ30%、80歳代ではおよそ90%の人で前立腺の肥大が見られます。40歳代まではまず見られませんので、健康診断などでも50歳代頃から前立腺がんが診断項目の一つに加えられます。

前立腺が肥大化すると尿道が圧迫されて尿道抵抗が高まり尿が出るまでに時間がかかったり尿の勢いが悪くなったりします。また排尿困難以外にも頻尿(昼間・夜間)や残尿感も出現し、急に我慢できないような強い尿意が起こる尿意切迫感も出現します。

ただちに生死に関わる疾患ではなく、日常生活において困っていなければ治療の必要はありませんが、膀胱に尿が残りやすくなるため感染症や膀胱炎、腎臓炎等の原因になったりすることもありますので注意が必要です。

前立腺肥大の原因

前立腺が肥大する原因はまだはっきりと解明されていませんが、原因の一つに過剰な男性ホルモンの分泌が関係しているのではないかと考えられているほか、肥満や高血圧、高血糖などの生活習慣病との関連性も疑われています。

プラセンタで前立腺肥大を抑制

プラセンタの前立腺肥大抑制効果は、スノーデン社の豚プラセンタを用いた実験で明らかになっています。

実験は去勢(生殖に必要な部位を切除)したラットに男性ホルモンであるテストステロンを投与した上で、プラセンタエキスを摂取するグループとそうでないグループとにわけて行われました。

それによれば、
・去勢したラットにテストステロンを投与した場合
・去勢したラットにテストステロンとプラセンタエキスを投与した場合
とを比較した結果、プラセンタエキスを投与した場合が、前立腺の大きさが約20%抑えられたという結果が出ています。

また、別の実験では、DHT(ジヒドロテストステロン)を添加したヒト前立腺癌細胞にプラセンタエキスを添加しして測定したところ、プラセンタエキスの添加量に依存して細胞増殖の抑制が認められたとされています。

さらに、ウエスタンブロットによれば男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の産生量が減少していたという結果も示されています。

参考:ブタプラセンタエキスの前立腺癌細胞増殖抑制と前立腺肥大抑制

これらのことから、プラセンタエキスには、ヨーロッパでは前立腺肥大の治療薬として使われているノコギリヤシ(ソーパルメット)同様、男性ホルモン(アンドロゲン)の作用を抑える働きがある物質が存在することがわかり、結果的に男性の前立腺肥大を抑制する効果があることがわかっています。

進行性前立腺癌の治療にもアンドロゲンの作用を阻害する治療が行われるため、アンドロゲンの作用を抑制するプラセンタが代替え治療として使える可能性もあります。
 
関連記事
プラセンタの美白・美肌効果
シミやソバカス、くすみなどで肌が黒くなるのは、メラニン色素によるものです。髪の毛や体毛が黒いのはメラニン色素が着色されているためでシミやソバカス、くすみも同じメカニズムで黒くなります。
記事を読む

プラセンタでニキビを改善
ニキビはできる場所によって原因が異なりますが、いずれにしても皮脂や角質が毛穴を塞ぎ、毛穴の中に溜まることで引き起こされてしまいます。
記事を読む

プラセンタの薄毛改善効果
男性のAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが大きくかかわっていることがわかっています。女性の場合も女性のFAGA(女性の男性型脱毛症)が近年急増しており、やはり男性ホルモンが大きくかかわっていると考えられています。
記事を読む

プラセンタのアンチエイジング効果
老化とは、加齢とともに身体の機能が衰え、老いていく現象です。その重たる原因の一つが最近よく耳にするようになった「活性酸素」という物質によるものと考えられています。
記事を読む

プラセンタで基礎代謝をアップ
基礎代謝とは、心身ともに安静な状態で生命を維持するために最低限必要なエネルギー消費量のことです。人間の場合、1日の総消費エネルギー量は・・・
記事を読む

プラセンタで免疫力をアップ
免疫力とは、ウイルスや細菌などの病原体などの外敵が体内に侵入することを防いだり、体内にできた有害な物質に対抗する自己防衛機能のことです。
記事を読む

プラセンタで更年期障害を改善
閉経前後のおよそ10年間が更年期とされています。女性の場合、50歳頃に閉経を迎えますので、40代半ば頃から更年期に差し掛かります。
記事を読む

プラセンタで肝機能改善効果
肝臓は約3,000億個の細胞から成る体の中で最も大きな臓器の一つです。重さは成人で体重の50分の1に相当する1〜1.5kgほどあります。
記事を読む

プラセンタで自律神経失調症を改善
自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない循環器や消化器、呼吸器、血圧、体温調節などの活動を調整するために24時間働き続けている神経です。
記事を読む

プラセンタで不眠症を改善
日本人の5人に一人が、60歳以上の方では3人に一人が不眠症で悩んでいるといわれています。不眠症は、眠りについての障害で原因には、様々なものがあります。
記事を読む

プラセンタの精神安定作用
精神が不安定になる(情緒不安定になる)原因は人により様々です。一般的に考えられるの原因は、極度のストレスや長期間の持続的なストレス、女性の場合は、月経や排卵、妊娠・出産、更年期などによるホルモンバランスの乱れなどです。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ