馬と豚のプラセンタサプリの比較

プラセンタの比較ランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. 馬と豚のプラセンタサプリの比較

馬プラセンタサプリか豚プラセンタサプリか?


プラセンタサプリの原料は何がいいか?馬か豚か羊か?
プラセンタサプリ選びで気になることの一つです。

このうち、日本では、羊は、牛のプラセンタ同様、狂牛病に似た病気に感染するリスクがあるとして羊プラセンタの製造が禁止となった経緯があります。


馬プラセンタサプリと豚プラセンタサプリの比較


以来、健康食品や化粧品として流通しているプラセンタは、馬由来、豚由来が主流となってきていますが、近年、プラセンタサプリにおいては、より高品質で安全性が高く栄養価の高い「」の胎盤を原料にしているものに人気が出てきています。

馬プラセンタが選ばれている理由を分析してみます。

比較その1:安全性

一般的に馬のプラセンタの方が安全性が高いといわれています。

馬は、元々病気にかかりにくい上、病気感染などには特に注意して飼育されており衛生管理システムも徹底されていますので牛や豚より病気の心配も少なく寄生虫などが住み着くリスクが非常に低くなります。

また、馬はアレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)が少なく病気になるリスクも少なく薬物が投与されることも殆どありません。

さらには、狂牛病(BSE)や口蹄疫などの病気は、牛や豚、羊等のひづめが割れている偶蹄類に発症する病気で、奇蹄類に分類される馬はそれらの病気にかかることはありません。中でも環境衛生が整った牧場で徹底した管理のもと育てられ、血統やトレーサビリティも明確なサラブレッドの馬プラセンタを原料とした場合は、より安全性が高くなると考えられています。

※トレーサビリティとは、生産から加工、流通・販売等の段階で、生産・製造方法、仕入先、販売先などの記録をとって保管し、物品の流通経路を生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態のことをいいます。

一方、豚は、大腸菌性下痢や豚流行性下痢、インフルエンザ、マイコプラズマ感染症などの感染などを防ぐためにさまざまなワクチン注射や薬剤を投与されてる可能性があります。近年、特に豚流行性下痢の発生が確認され、ニュースでも話題になっています。

尚、豚の中でもSPF豚などは、日本SPF豚協会が定めた衛生基準・飼育基準に従い、抗生物質などを一切与えず、厳重に管理された環境で育てられていますので安全性は高いと評価されています。

このようなことから、安全性という面では馬に軍配が上がるとされています。

比較その2:栄養価:アミノ酸の量

食品分析センターの分析データによれば、馬プラセンタのアミノ酸含有量は豚プラセンタに対して多いという結果が出ています。

比較する馬・豚の種類によって馬のプラセンタのアミノ酸量は豚のものの数百倍とか数倍とかマチマチの情報がネット上に記載されていますが、一般的には馬のアミノ酸含有量が1.2倍前後多いのは事実のようです。

また、馬プラセンタには、豚プラセンタには殆ど含まれていないと言われている必須アミノ酸が6種類含有されていると言われていますがこれは間違いで、豚のプラセンタにも同じように含まれています。これらの必須アミノ酸は、体内で生成されないため外からの補給が必要な栄養素です。

このように馬プラセンタは、成長因子をはじめとするアミノ酸などの栄養素が豚のものと比べて若干豊富でしかも濃厚と言われています。

従って栄養価の面でも馬プラセンタに軍配が上がります。

比較その3:希少価値

豚の場合は、1度に10頭前後の子供が産まれるのに対して、馬は1度の出産で1頭の子供しか誕生しません。しかも、馬は出産後に自身の胎盤を食べる習慣があるので、出産したからといってプラセンタエキスが必ず得られるとも限りませんし、約7sの胎盤から採取できるプラセンタエキスはわずか3kgほどと言われています。

比較その4:価格

馬は豚と比較して安全性や栄養価が高くかつ生産数が少なく希少価値があるため原料が高く一般的に販売価格は高めとなります。

しかし、近年は馬プラセンタでもTP200nextプラセンタの泉360のように安価な馬プラセンタサプリが開発されてきており、これまで価格が安いからと豚プラセンタを選択していた理由もなくなってきています。

今までは、馬プラセンタは希少価値が高く高価でプラセンタサプリの種類自体が少なく、また選択肢が少なかったため、豚のプラセンタサプリが主流でしたが、近年の品質重視・安全思考ということもあり馬プラセンタサプリへの受容が増え、価格も豚プラセンタを原料としたものと変わらなくなってきています。

その結果、豚から馬へ切り替える消費者も急増しています。

馬プラセンタサプリを推奨

このような理由から最近は馬プラセンタサプリが注目されてきています。

業者の中にはプラセンタサプリの原料を豚から馬へ変更を余儀なくされたところもあります。当サイトでも、安全性、品質、栄養価を重視し、馬のプラセンタサプリを推奨。馬のプラセンタサプリをランキング形式で紹介しています。
 
関連記事
馬プラセンタの特徴
馬は、元々病気にかかりにくい上、病気感染などには特に注意して飼育されており衛生管理システムも徹底されていますので牛や豚より病気の心配も少なく寄生虫などが住み着くリスクが非常に低くなります。
記事を読む

豚プラセンタの特徴
豚は大腸菌性下痢や豚流行性下痢、インフルエンザ、マイコプラズマ感染症などの感染などを防ぐために、さまざまなワクチン注射や抗生物質などの薬剤を投与されてる可能性があり胎盤への影響も懸念されています。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ