定期コースでも縛りがないプラセンタサプリ

プラセンタのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタサプリ選びの知識
  3. 定期コースでも縛りがないプラセンタサプリ

定期コースでも購入回数制限がないプラセンタサプリ


ここでは、定期コースでも何回購入しなければならないといった購入回数の制限、いわゆる縛りがないプラセンタサプリについて解説しています。

定期コースとは

近年、ネット通販ではプラセンタサプリに限らず、定期コース(定期購入)というシステムを利用する通販会社が増えてきました。

定期コース(定期購入)とは、商品を定期的に購入することを販売業者と消費者間で約束し、定期的に商品を発送するというシステムです。一度申し込めば次回からは注文することなく自動的に商品が送られてきます。

できるだけ長く商品を使ってもらうことで商品の良さを理解してもらいたいという思いもありますが、やはり定期的な利益が見込めるため多くのメーカー・業者がこの制度を採用するようになってきました。

定期コースのメリット・デメリット

定期購入のメリット

商品を販売する業者としては、消費者が定期的に商品を購入することで定期的な利益が見込めるというメリットがあります。

定期的な利益が見込めるとあって販売価格を低めに設定したり送料を無料にしたりするといった特典を設けることができるため、消費者側としてもお得に購入することができるというメリットがあります。消費者側からすれば注文忘れや注文の煩わしさからも解放されるというのもメリットになります。

また、定期コースのルールは販売業者によってマチマチですが、中には配送サイクルの変更や休止など消費者のニーズに細かく対応したものも存在します。

定期購入のデメリット

一度商品を使用・服用して気に入って納得したら定期購入に切り替えるといった場合はデメリットにつながることはあまりありませんが、最近では、最初から定期コースを選択しなければならないケースが増えています。

一般的には、通常の価格より3割ほど割引して最低3回は購入して頂くという条件などがありますので、万が一、最初から定期コースを選択して商品が自分に合わない、気に入らないといったことがあると、割引されているとはいえ、継続する意味がありません。

この場合は、決まった継続回数分仕方なく継続するか、業者と消費者で調整してキャンセルするか、など煩わしいことが起こってしまいます。

プラセンタサプリは、安全性や品質が高く、商品が自分に合わない、気に入らないといったことが少ない商品ですが、それでも1回の使用(通常は1ヵ月分)で継続したくないといった思いになるリスクはないとは言いきれません。

このような場合は、消費者や販売業者にとってデメリットとなってしまいます。

最近は、このような消費者の不安に対応して、定期コースでも購入回数の制限がないプラセンタサプリが販売されてきています。

1回でもキャンセル(解約)が可能というプラセンタサプリです。

とはいえ、解約の場合は必ず電話連絡して下さいというのが一般的です。電話連絡となると解約ということを伝えづらいという心理が働きますし、意思が弱いと継続を説得される場合もあります。特に日本人はその傾向が強いようです。

しかし、中には「1回でもキャンセルが可能」でかつ「メールやWEBから可能」というプラセンタサプリも存在します。

1回でもキャンセルが可能なプラセンタサプリ

定期コースを選択したとはいえ、「1回でもキャンセルが可能」かつ「電話連絡不要」でWEBのマイページやメールからキャンセルできるプラセンタサプリは以下のようなものがあります。
 

プラセンタサプリ

特徴

プラセンタTP200 北海道産サラブレッドの胎盤を原料としたプラセンタサプリ。WEBのマイページ上で簡単にキャンセル可能。
プラセンタTP200next TP200の後継版。オーストラリア・ニュージーランド産のサラブレッドの胎盤を原料にしたプラセンタサプリ。WEBのマイページ上で簡単にキャンセル可能。
プラセンタの泉360 国産馬の胎盤を原料としたプラセンタサプリ。問い合わせフォームまたは電話でキャンセルが可能。

殆どが、お届け予定日の10日前までに連絡することをルールとして設けています。

定期コースでも1回でキャンセルが可能というのは商品に自信がある証拠だとも言えます。このようなメーカー・業者は電話連絡によるしつこい勧誘などもない可能性が高いので安心して申込むことができます。
 

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ