低分子化されたプラセンタサプリ

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. 低分子化されたプラセンタサプリ

低分子化されたプラセンタサプリ


プラセンタサプリの商品紹介のサイトを拝見すると、「低分子化」という言葉を目にするようになってきました。

ここでは、低分子化とはどういうことなのか、また、低分子化することで他のプラセンタサプリと比較してどういうメリットや優位性があるのかを解説します。

低分子化とは

低分子化とは、大きな分子を分子を小さくすることです。

分子の大きさを小さくして体内において吸収しやすくするのが狙いです。

肉や魚、卵、大豆製品などのタンパク質を食事で摂取すると、そのままでは分子が大きいため吸収することはできません。

そこで口や胃、腸を経る過程で唾液や胃液、胆汁、膵液などの消化酵素によって小さな分子であるペプチドに分解され、さらにアミノ酸に分解されます。

分解されたアミノ酸は、小腸の内側にある毛細血管から吸収されて体全体へと運ばれ、細胞の材料となりますが、アミノ酸よりも少し大きいペプチドの状態でも体内に吸収されることがわかっています。

ペプチドとアミノ酸

ペプチドとは、タンパク質とアミノ酸の中間の大きさの形をした成分のことです。

複数のアミノ酸が結合したもので、結合するアミノ酸の個数によって、
・ジペプチド(2個のアミノ酸が連結したもの)
・トリペプチド(3個の〃)
・テトラペプチド(4個の〃)
・オリゴペプチド(5~10個程度の〃)
・ポリペプチド(10〜50個程度の〃)
と呼ばれたりします。

そして、アミノ酸が50個以上つながったものがタンパク質(プロテイン)です。

近年の研究では、完全に分解されたアミノ酸より数個がつながったペプチドの方が、かえって人間の生命活動に効果があることがわかってきています。

アミノ酸の結合によって多くのペプチドが存在しますが、ホルモン作用、神経伝達作用、抗菌作用、抗酸化作用など様々な生理活性作用を持っています。

コラーゲンペプチドという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、コラーゲンペプチドはコラーゲン(分子量10万〜30万)を酵素分解して100分の1ほどのサイズ(分子量3000ほど)にしたものです。ちなみに、低分子コラーゲンと言われるものはさらに分解して分子量を小さくしたもの(分子量1000ほど)です。

どちらも吸収率と吸収するスピードを高めるために小さく分解されたものです。
低分子化には酵素が用いられます。

尚、分子量とは、分子の大きさを表す単位です。

低分子化したプラセンタサプリ

プラセンタはタンパク質でできています。

タンパク質の分子量は万単位という大きさでプラセンタの分子量は10〜20万ほどと言われていますので体内の消化酵素でペプチドやアミノ酸に分解しなければなりません。

消化率が悪かったりすると吸収される量も減り、排泄物として外に排出されてしまいます。また、消化・吸収されるまでには何時間という時間もかかってしまいます。

その点、分子量を小さいままで体内に入れてやれば、そのままの状態でも吸収され、体内への吸収率は高くなります。

腸壁から吸収される分子量は500以下といった見解がありますので、200〜500分の1程度に低分子化すれば500以下の分子量が実現できます。
 

低分子化されたプラセンタサプリ

プラセンタサプリの中には、低分子化技術によってプラセンタの分子量を500未満にしているものがあります。

母の滴プラセンタEX
Tp200
Tp200next
プラセンタの泉360
といったものがそうです。

これらは、酵素分解という技術で抽出していますので、体内で消化酵素が分解する過程と同じようなことを予め行っていると考えられます。

プラセンタサプリの分子量を低分子化すると、体への負担も少なくなり、プラセンタの持つ成長因子や活性ペプチドなど、より多くの栄養分の吸収率が高くなるという優位性があるため、低分子化されたプラセンタサプリは、プラセンタのランキングでもトップクラスの評価になっています。
  

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ