プラセンタの種類と特徴

プラセンタのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの知識
  3. プラセンタの種類と特徴

プラセンタの種類と特徴


美容や健康面で様々な効果が期待されているプラセンタの原料には、下記のようないくつかの種類と特徴があります。
 
プラセンタの種類 由来 特徴
動物性プラセンタ ヒト由来
馬由来
豚由来
羊由来
成長因子あり
植物性プラセンタ 大豆やライ麦
トウモロコシ
アセロラなど
成長因子なし
海洋性プラセンタ サーモン(鮭)など


動物性プラセンタと植物性プラセンタ、海洋性プラセンタの大きな相違点として、植物性プラセンタと海洋性プラセンタには、成長因子(グロースファクター)が含まれていない点があります。

従って、成長因子の恩恵を受けるためには、ヒトや馬、豚などの動物性プラセンタを摂取する必要があります。以下では動物性プラセンタのそれぞれの特徴です。

人(ヒト)プラセンタ

人(ヒト)プラセンタは、人間の胎盤から抽出されたプラセンタです。

人(ヒト)由来のプラセンタは、薬事法で一般のサプリメントや化粧品、食品などへの使用が禁止されており、特定の製薬会社の医薬品製造過程でしか利用されていません。

また、点滴や注射、医薬品としての処方も医療機関でしか受けることができません。

人のプラセンタですので馬や豚などの他のプラセンタと比較すると人の体には馴染みやすく、それだけ高い効果も期待できます。

ヒト由来のプラセンタは、メルスモンやラエンネックといった肝機能障害や更年期障害などの治療に使用されてきましたが、近年では、美容や健康目的でプラセンタ注射を希望するケースも増えています。

尚、ヒト由来のプラセンタ注射をした人は献血が制限されます。

参考:ヒトプラセンタの特徴

馬プラセンタ

馬プラセンタは、馬の胎盤から抽出されたプラセンタです。

馬由来のプラセンタは豚由来のプラセンタよりも含まれているアミノ酸の種類や量が多いことで知られています。一度に1頭しか妊娠しない馬の胎盤は厚く、成長因子などの構成成分も濃いと言われています。

また、豚の場合は、病気にかかりやすいためワクチンや抗生物質などの薬剤などを投与されることが多く、プラセンタに不純物が混ざりやすいといったリスクがありますが、馬は病気にかかりにくく、そのようなリスクは殆どなく、豚に比べても安全性が高いと言われています。

近年は、TP200nextエイジスト(AGEST)などに代表されるように、特に徹底した品質管理の下で育てられているサラブレッド馬やキルギス産馬のプラセンタを使用したプラセンタサプリに人気が集中しています。

馬プラセンタは豚などの他のプラセンタと比較しても希少性が高いため原料の価格が高く、豚に比べて高価なサプリメントや化粧品のものが多いという特徴がありますが、最近は、母の滴プラセンタEXやTP200、TP200nextのように豚プラセンタと比較しても価格の安さで引けを取らない馬プラセンタサプリも出てきています。

参考:馬プラセンタの特徴

豚プラセンタ

豚プラセンタは、豚の胎盤から抽出されたプラセンタです。

豚は一度の出産で10頭前後の子どもを産み、加えて出産も年に2回あります。生産される胎盤の量が多いため、原料が比較的安価で手に入りやすく、現在、最もポピュラーなプラセンタとして流通しています。

かつては、牛のプラセンタが主流でしたが、狂牛病の問題で牛のプラセンタが使用できなくなり、現在は、豚由来にプラセンタが主流になっています。。

豚プラセンタは、上述のようにワクチンや抗生物質などの薬剤などを投与されることが多く、プラセンタに不純物が混ざりやすい傾向がありますが、デンマーク産の豚とSPF豚は管理体制・衛生基準・飼育基準のもと安全性が高いとされています。

人の生体に近く、相性がいい動物と言われています。

参考:豚プラセンタの特徴

羊プラセンタ

羊プラセンタは、羊の胎盤から抽出されたプラセンタです。羊の胎盤は人間のものに近く、アミノ酸組成もヒトに類似していることからヒトへの適応性が高く、免疫反応も起こりにくいと言われています。

身体に馴染みやすいことから肌への浸透力が高いというメリットがあります。シミやシワなどへの効果が出やすいと言われており、発疹などのような免疫反応も起こりにくいので安心とされています。マドンナなどのハリウッドスターが愛用していることでも話題になりました。

羊プラセンタは、ヨーロッパや北米では人気ですが、羊には狂牛病に似たスクレイピーという病気があり、日本政府が規制をかけているため日本のサプリメントや食品、化粧品などでは殆ど使用されていません。

参考:羊プラセンタの特徴

植物性プラセンタ

植物性プラセンタは、大豆やトウモロコシ、アロエなどから抽出した植物由来のプラセンタのことです。哺乳類特有の胎盤からの抽出ではないため厳密には「プラセンタ」とは呼べませんが、動物性のプラセンタと似た成分と効果が得られるため、便宜的に植物性プラセンタと呼ばれています。

従って、動物性と同じくアミノ酸やビタミンなどは含まれていますが、肝心の成長因子は含まれていません。アミノ酸やビタミンによる美肌効果は期待はできるので化粧品類への使用がよく見られますが、成長因子は含まれていないため、動物性プラセンタのような細胞を活性化させるなどの効果はあまり期待できなくなります。

参考:植物性プラセンタの特徴

海洋性プラセンタ

海洋性プラセンタは、主にサーモン(サケ)などの卵巣膜から抽出した魚由来のプラセンタです。植物性プラセンタと同様、胎盤からの抽出ではないため厳密には「プラセンタ」とは呼べませんが、動物性のプラセンタと似た成分と効果が得られるため、便宜的に海洋性プラセンタと呼ばれています。

海洋性プラセンタは、動物性のものには含まれない必須アミノ酸や核酸・エラスチンなどが含まれており、 美容効果は動物性のものと比べても劣りませんが、肝心の成長因子は含まれていませんので動物性プラセンタのような細胞を活性化させるなどの効果はあまり期待できなくなります。

当サイト「プラセンタサプリのランキング」では、これらのプラセンタの中で安全性に優れ、最も効果が高いと考えられる馬プラセンタの中からより品質のいいものを厳選してランキング表示しています。
 

関連記事
プラセンタに含まれる代表的な栄養素
プラセンタには、成長因子をはじめとするこれだけ豊富な栄養成分が含まれているため、プラセンタサプリとして毎日継続して摂取することで、美容面や健康面で身体の様々な症状を改善できる効果が期待されています。
記事を読む

プラセンタの主成分であるアミノ酸の働き
プラセンタの主成分の一つであるアミノ酸。よく耳にする言葉ですが、何のことかよく分からない人も少なくないはず。ここでは自然界にはおよそ500種類ほど存在するそのアミノ酸について解説します。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ