プラセンタサプリとプラセンタドリンク、プラセンタ注射の比較

おすすめプラセンタのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの予備知識
  3. プラセンタサプリ、ドリンク、注射の比較

プラセンタサプリとプラセンタドリンク、プラセンタ注射の比較


プラセンタの摂取の方法には、医療機関におけるプラセンタ注射・点滴による摂取のほか、サプリメントやドリンクによる摂取方法があります。ここでは、それぞれの特徴や違いについて解説します。

プラセンタ注射による摂取

プラセンタ注射や点滴の場合のプラセンタは、ヒト由来プラセンタです。

プラセンタ注射としては、ラエンネックとメルスモンなどが有名です。当初は、肝機能障害や更年期障害の治療などに使われてきましたが、近年では美容ブームで美容効果やアンチエイジング効果を求めてプラセンタ注射を希望する人が急増し、その需要は増加傾向にあると言われています。

プラセンタ注射や点滴は、外科手術に該当するので医療機関でのみ受けられます。従ってプラセンタ注射・点滴を希望する場合は病院に通わなくてはなりません。

プラセンタ注射や点滴は、サプリメントやドリンクよりも吸収率や即効性が高いと言われていますが、一方で持続性に欠けることや感染症の危険もあり献血や他者への輸血禁止といった制約もあります。

肝機能障害や更年期障害といった疾患の治療の場合は保険適用されますが、美容目的でプラセンタ療法を受ける場合は保険適用外になります。

保険適用外の場合、プラセンタ注射のアンプル1本あたりの費用はクリニックにより異なりますが、1本につきおよそ1,000円〜2,000円前後ほどかかります。低価格で長く続けられるプラセンタを求めるなら、手軽なプラセンタサプリがおすすめと言えます。

プラセンタサプリによる摂取

サプリメントタイプは、浸透力(吸収力)や即効性という点では注射やドリンクタイプと比較するとやや劣るとされていますが、携帯性に優れており、いつでもどこでも手軽に服用できるという利点があります。

注射が苦手な人や通院が難しい人も簡単に服用することができますし、普段の食事の後にルーチンとして簡単に摂れるとあって、長期的に継続することもできます。

通常は、プラセンタ原末としての配合量が表示されていますので実際のプラセンタの配合量をおおかた知ることができて安心です。

ドリンクの場合は、水で薄められてもプラセンタエキス100%として販売できますが、サプリメントの場合は、プラセンタエキス末(原末)として表示されていますので誤魔化しようがありません。

ドリンクタイプよりもサプリメントの方が効果を実感する方が多いのは品質や実際のプラセンタ配合量の問題があるからかもしれません。。

また、錠数で摂取量をコントロールすることができるのもドリンクとの違いです。

注射タイプやドリンクタイプと比較すると価格も一般的に安価ですので経済的にも続けられやすいといったメリットがあります。

プラセンタドリンクによる摂取

ドリンクタイプはサプリメントタイプより一般的に浸透力(吸収力)に優れていると言われています。体への吸収が速く即効性もありますので、サプリメントよりも早く効果を得たい方に向いています。

一般的に配合するプラセンタの量は、5,000mg、10,000mg配合といったように多いように表示されていますが、プラセンタサプリと配合量を比較する場合は、プラセンタドリンクが配合するプラセンタエキスとサプリメントが配合するプラセンタエキス末の違いを認識する必要があります。

参考:プラセンタエキスとプラセンタ原末の違い

さらにエキスは水で薄めてもエキスと言えるので、ドリンクの場合は、実際のプラセンタがどれくらい含有されているかは成分分析しないとわかりません。

プラセンタエキス10,000mg配合と謳っていてもプラセンタサプリのプラセンタエキス末200mgと比較してどちらの方が本来のプラセンタが多く含まれているのかは判断できないのが実情です。

実際のプラセンタ配合量を消費者に正しく伝えるためにも業界団体は、プラセンタエキスや原液・原料換算としてだけではなくプラセンタ原末(粉末)としても表示するよう求めていますが、表示していないプラセンタドリンクが多いのが実態です。

また、ドリンクタイプの場合、1本に比較的大量にプラセンタエキスが配合されている場合は、摂取する量が調整できるサプリメントタイプとは違い、ニキビが出るなどの副作用も出やすいのが特徴です。

ドリンクの場合は、一般的にプラセンタ以外の美容成分も配合されている場合が多いので美容効果としては相乗効果を期待することができますが、サプリメントタイプと比較すると一般的に高価となります。

プラセンタサプリとプラセンタドリンク、プラセンタ注射の比較

ドリンクタイプや注射タイプの利点は、サプリメントタイプと比較すると吸収力が高く、即効性があると言われていますが、サプリメントタイプとは違い、摂取する量が調整できず、携帯性も劣るといった欠点もあります。

プラセンタ注射の場合は、わざわざクリニックへ通院しなければなりませんので時間と手間、費用がかさみます。注射が嫌いな人は我慢もしなければなりません。

また、一見、プラセンタの配合量が多く感じられる(表示されている)ドリンクタイプですが、エキス末(本来のプラセンタ成分)換算すると実際の配合量は非常に少ないといったこともあり、単純比較はできません。プラセンタの配合量は、一般的にはサプリメント1粒とドリンク1本であまり変わらないと考えていいかと思います。

品質や期待できる効果の面に関しても一般的にドリンクの配合するプラセンタエキスは、水や場合によっては不純物が含まれている場合がありプラセンタエキスからさらに水分や不純物を取り除いたサプリメントタイプと比較すると品質的に、また効果はどうかという問題もあります。
 

胎盤からプラセンタ原末を抽出するまでの流れ

尚、体内への浸透力(吸収力)に関しても、近年は、粉末の低分子化技術で浸透力(吸収力)を高めたプラセンタサプリメントも開発されてきています。

プラセンタの有効成分を効率よく体内に取り込むという意味では原末状態のプラセンタを内包しているプラセンタサプリが適していると言えるかもしれません。

当サイトでは、プラセンタサプリを徹底的にリサーチし、厳選したプラセンタサプリをおすすめ順にランキング形式で紹介しています。

プラセンタサプリのランキング
 


関連記事
プラセンタ療法
プラセンタ療法とは、胎盤から抽出された有効成分であるプラセンタエキスを用いて、様々な身体不調や不定愁訴の治療を行うことです。
記事を読む

スーパープラセンタとは
スーパープラセンタとは、胎盤と臍帯の組織を特殊な処理法で細分化し、負担無く効率的に体内に注入できるよう工夫されたエキスのことです。吸収性に優れ、効果も比較的早く実感できるのが特徴です。
記事を読む

プラセンタサプリを飲むタイミングや効果的な飲み方
冷蔵庫などで保管する必要はありませんが、高温・多湿な場所での保管は避けます。開封後は、できるだけ早く飲むようにして下さい。
記事を読む
 

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ