植物性プラセンタの特徴

おすすめプラセンタのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの知識
  3. 植物性プラセンタの特徴

植物性プラセンタの特徴


ここでは、植物性プラセンタの品質や安全性などを解説します。

植物性プラセンタとは

植物性プラセンタは、大豆やライ麦、トウモロコシ、アロエ、アセロラなどから抽出した植物由来のプラセンタのことです。

胎盤からの抽出ではないため厳密にはプラセンタ(胎盤)ではありませんが、動物性プラセンタと類似した成分と効果が得られることから植物性プラセンタとして定着しています。

植物性プラセンタ

植物プラセンタには、めしべの一部で胚珠がついている「胎座」という部分が使用されます。胎座は、植物が成長していくのに必要な栄養が豊富に蓄積されているところで、動物性プラセンタの胎盤と同じような機能を有している組織です。

動物性プラセンタ同様、アミノ酸やミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれているにも関わらず、自然の植物性ゆえに安全性がとても高いのが特徴です。

肝心の成長因子は含まれていない

植物性プラセンタと動物性プラセンタとの最も大きな違いは、植物性プラセンタには成長因子(細胞増殖因子)が含まれていないことです。

成長因子(グロースファクター)とは、細胞を刺激して細胞分裂を促してくれるタンパク質の総称です。人間の身体は成長ホルモンによって各組織・器官の健康を維持していますが、この成長ホルモンを活性化する物質が成長因子です。

植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン、ミネラル、コラーゲンといった美容・美肌・美白などに効果が期待できる成分は含まれているものの、この成長因子が含まれていないため、成長因子による効果の恩恵を受けることはできません。

参考:成長因子の働き

そもそもプラセンタの売りは「成長因子」にあると言えますので、成長因子がない植物性プラセンタを選択する意味は薄いとも言えます。

但し、原料となる植物やサプリの製造の仕方によっては、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富だったり、アミノ酸がブタ由来のプラセンタより豊富だったりするものもあり、動物性と比較して効果が劣るということは一概には言えません。

安全性が高い

植物性プラセンタの最も大きな特徴の一つが安全性の高さです。

動物性プラセンタのように病気や投薬による影響、残留ホルモンなどを心配する必要はなく安全性は非常に高いと言えます。また動物性プラセンタ独特の匂いもありません。

動物性プラセンタでアレルギー反応が出た方が植物性プラセンタを使用するというケースが多いようですが、アミノ酸を含みますので動物性プラセンタ同様アレルギーを起こす可能性はあります。

植物性プラセンタサプリ

安全性が高く美容や美肌、美白といった面に長けているので、化粧品類などへの利用が主流となっているようですが、一部、薔薇やライ麦由来の植物プラセンタ(胎座)を原料としたプラセンタサプリも販売されています。

当サイトでは、成長因子の働きがあるからこそプラセンタを選ぶ意味があると考えているため、動物性、特に馬プラセンタのサプリメントを中心に紹介しています。
 

関連記事
プラセンタの種類と特徴
美容や健康面で様々な効果が期待されているプラセンタは、その原料によってヒトや馬、豚や羊といった動物由来のものや、植物性プラセンタや海洋性プラセンタなどいくつかの種類があります。種類別にその特徴を解説します。
記事を読む

羊プラセンタの特徴
馬や豚のプラセンタと同じ動物性の羊プラセンタ。羊が原料の羊プラセンタサプリは、ヨーロッパや北米では人気があるプラセンタでハリウッドスターやアーチストなどのセレブにも非常に人気があります。
記事を読む

生プラセンタサプリの特徴
生プラセンタサプリは、製造過程で胎盤に熱処理を加えずに粉末化したプラセンタサプリのことです。生だからと言って生野菜のように胎盤から抽出されたプラセンタそのものを使ったサプリメントということではありません。
記事を読む

プラセンタの主成分であるアミノ酸の働き
自然界にはおよそ500種類ほどのアミノ酸が存在しますが、人の身体のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類です。これら20種類のアミノ酸は、体内で合成することができず食事など外部からとる必要がある「必須アミノ酸」と・・・。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ