プラセンタの育毛効果

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの効果
  3. プラセンタの育毛効果

プラセンタの効能:育毛促進


プラセンタに含まれている成長因子には育毛効果が期待されており、薄毛治療(再生医療)にも活用されています。ここでは、プラセンタに期待できる効能の一つである育毛効果について解説します。 

薄毛・抜け毛の原因

男性のAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが大きくかかわっていることがわかっています。

女性の場合も女性のFAGA(女性の男性型脱毛症)が近年急増していると言われており、やはり男性ホルモンが大きくかかわっていると考えられています。
プラセンタに育毛効果があるか?

AGA(男性型脱毛症)の仕組み

男性の場合、薄毛の原因の90%以上がAGA(男性型脱毛症)と言われています。

男性の場合、主に睾丸から分泌される男性ホルモン(テストステロン)が、血液を通して頭皮の毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、毛髪を生み出す毛母細胞を萎縮させる元凶となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

そして、このDHTが同じく毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合して脱毛因子を増やし、毛母細胞へ髪が抜けるよう指令を出します。
 

AGA(男性型脱毛症)のメカニズム

髪の毛は独自のヘアサイクルで、生えては抜けるを繰り返しています。ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期という大きく3つのフェーズがありますが、殆どが成長期の期間で、健康な髪であれば2年から6年の間、成長し続けます。

しかし、上記のようなAGAを発症してしまうと、髪の毛は本来の十分な成長期間を経ないまま退行期・休止期へと向かってしまい抜け落ちてしまいます。

そのような状態の髪の割合が増えてくると髪の毛が薄く短く弱々しくなり頭皮が目立ってしまう状態になってきます。この現象をAGA(男性型脱毛症)と読んでます。

女性特有の脱毛症:びまん性脱毛症・分娩後脱毛症

AGAのような現象が起こるのは男性に限ったことではありません。

女性にも、少なからず男性ホルモンが存在します。

健康な場合は、女性ホルモンが多く男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位に立っていますが、加齢や更年期の影響、ストレス、生活習慣(食生活・運動不足)などでホルモンのバランスを崩すと男性ホルモンが優位に立ってしまうことがあります。

その結果、その詳細はまだ解明されていませんが、男性のAGAと同様、男性ホルモンの影響で脱毛すると考えられています。この症状を男性のAGAに対してしてFAGA(女性の男性型脱毛症)、又はびまん性脱毛症と呼んでいます。

男性の場合、頭頂部や前頭部両側のM字の部分を中心に薄毛が進行していくのに対し、女性の場合は、毛髪全体が細くか弱くなり、葉実の毛の隙間から薄らと地肌が見えるようになるのが特徴です。

女性特有の薄毛にびまん性脱毛症(FAGA)のほか、分娩後脱毛症(産後脱毛症)という脱毛症があります。

分娩後脱毛症は、産後脱毛症とも言われ、出産後に脱毛してしまう脱毛症のことです。出産経験者の半数近くが発症すると言われています。分娩後脱毛症も女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)のバランスが原因で脱毛します。

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)は、毛髪の成長に働きかけるホルモンです。エストロゲンは、毛髪の育毛促進に働きかけ、髪にハリ・コシ・艶を与え、プロゲステロンは、毛髪の成長期の期間を延長する働きがあります。

妊娠期間中は、これらの女性ホルモンの分泌が増加し、ヘアサイクルの成長期段階の髪の割合が増加して抜け毛が抑えられますが、出産して妊娠が終わり、急激に女性ホルモンの分泌量が減るとその反動で成長していた髪の毛が一気に抜け落ちてしまいます。これが異常な脱毛を起こす産後脱毛症のメカニズムです。

このように女性の抜け毛・薄毛は女性ホルモンが深く関係しています。

プラセンタの育毛効果

プラセンタの育毛効果は、科学的にはまだ解明されていないものの、育毛にも効果を発揮することがわかってきています。。

実際、医療(再生医療)の現場でも活用されており、頭皮や筋肉などにプラセンタを直接注入するプラセンタ治療もあります(ヒト由来プラセンタのみ)。

プラセンタに育毛効果が期待できる理由の一つは、プラセンタに含まれる成長因子(グロースファクター)の作用が大きく関係していると考えられています。

プラセンタに含まれる成長因子の一つであるFGFの一つであるFGF-7(別名KGF)は、毛髪再生医療の最新治療(KGFを頭皮に注入する事によって細胞の成長を促す治療方法)に活かされている成分で発毛促進因子とも言われています。

KGFは、毛乳頭細胞から産生され、毛母細胞に作用して毛母細胞の増殖、分裂を促すことで毛髪成長を促す作用があると解釈されていますが、加齢やその他の原因でKGFの生産能力が衰えてくると毛母細胞の成長が衰え、発毛不全・抜け毛・薄毛に発展することが判明しています。

プラセンタには、加齢などにより不足したKGFを補い、毛母細胞の成長の衰え、発毛不全・抜け毛・薄毛を予防する効果があるのかもしれません。

また、プラセンタに含まれるIGFという成長因子(インスリン様成長因子)には、IGF-1とIGF-2がありますが、そのうちのIGF-1には育毛効果があるという研究に基づき、育毛剤でもこの研究をもとに開発された商品が販売されています。

参考:プラセンタに含まれる成長因子の働き

また、プラセンタの製造メーカーとして有名なスノーデン社のラットを用いた実験では、プラセンタには、
・DHTの働きを抑制する働きや
・男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の産生量を減少させる働き
もあることが示されています。

参考:ブタプラセンタエキスの前立腺癌細胞増殖抑制と前立腺肥大抑制効果 J-Stage

プラセンタにはこれらの成長因子のほか様々な栄養素を含み、ホルモンバランスの調整をはじめ、血行促進、抗酸化作用や基礎代謝を向上、また自律神経調整など様々な働きがあることもあり、頭皮の血行を促進したり、また毛母細胞を活性化し、細胞分裂を促したりして発毛・育毛に良い影響を及ぼしているのではないかと考えられています。。

こういったことから、最近ではプラセンタや成長因子そのものを配合した育毛剤やプラセンタを配合したシャンプーなども数多く発売されてきているほか、プラセンタサプリにも育毛に関する期待が集まってきています。
     
関連記事
プラセンタの美白・美肌効果
シミやソバカス、くすみなどで肌が黒くなるのは、メラニン色素によるものです。髪の毛や体毛が黒いのはメラニン色素が着色されているためで・・・
記事を読む

プラセンタでニキビを改善
ニキビはできる場所によって原因が異なりますが、いずれにしても皮脂や角質が毛穴を塞ぎ、毛穴の中に溜まることで引き起こされてしまいます。
記事を読む

プラセンタの育毛効果
男性のAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが大きくかかわっていることがわかっています。女性の場合も女性のFAGA(女性の男性型脱毛症)が近年急増・・・
記事を読む

プラセンタのアンチエイジング効果
老化とは、加齢とともに身体の機能が衰え、老いていく現象です。その重たる原因の一つが最近よく耳にするようになった「活性酸素」という物質によるものと考えられています。
記事を読む

プラセンタで基礎代謝をアップ
基礎代謝とは、心身ともに安静な状態で生命を維持するために最低限必要なエネルギー消費量のことです。人間の場合、1日の総消費エネルギー量は・・・
記事を読む

プラセンタで免疫力をアップ
免疫力とは、ウイルスや細菌などの病原体などの外敵が体内に侵入することを防いだり、体内にできた有害な物質に対抗する自己防衛機能のことです。
記事を読む

プラセンタで更年期障害を改善
閉経前後のおよそ10年間が更年期とされています。女性の場合、50歳頃に閉経を迎えますので、40代半ば頃から更年期に差し掛かります。
記事を読む

プラセンタで肝機能改善効果
肝臓は約3,000億個の細胞から成る体の中で最も大きな臓器の一つです。重さは成人で体重の50分の1に相当する1〜1.5kgほどあります。
記事を読む

プラセンタで自律神経失調症を改善
自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない循環器や消化器、呼吸器、血圧、体温調節などの活動を調整するために24時間働き続けている神経です。
記事を読む

プラセンタで不眠症を改善
日本人の5人に一人が、60歳以上の方では3人に一人が不眠症で悩んでいるといわれています。不眠症は、眠りについての障害で・・・
記事を読む

プラセンタで前立腺肥大を抑制
前立腺は膀胱の下部にある臓器で男性生殖器官の一つです。前立腺肥大症とはその名の通り、前立腺の内側の部分が肥大化する病気です。
記事を読む

プラセンタの精神安定作用
精神が不安定になる(情緒不安定になる)原因は人により様々です。一般的に考えられるのは、極度のストレスや長期間の持続的なストレス、女性の場合は、月経や排卵、妊娠・出産、更年期などによる・・・
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ