プラセンタに含まれる成長因子の働き

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタに含まれる成長因子の働き

プラセンタに含まれる成長因子の働き

 
プラセンタには、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどのほか、他のサプリメントには含まれていない成長因子が含まれています。

ビタミンやミネラルなどは他の安価なサプリメントでも摂取できますので、プラセンタを服用する意味はこの成長因子の含有にあるといっても過言ではありません。

プラセンタサプリに含まれる成長因子の働き

ここでは、成長因子とは何か、どういう働きがあるのかを解説します。

成長因子とは

成長因子とは、細胞を刺激して細胞分裂や細胞の増殖を促してくれるタンパク質の一種です。別名「細胞増殖因子」とか「グロースファクター」とも言われています。

若返りのホルモンとも言われているホルモンに「ヒト成長ホルモン(hgh)」というものがあります。ヒト成長ホルモンは、主に脳内の視床下部の脳下垂体前葉という部分で分泌され、人間の成長や健康に深く関わっています。

ヒト成長ホルモンは、主に子供の成長時に不可欠なホルモンとして理解されていますが、それだけに留まらず、一生涯、体の細胞や皮膚、筋肉や骨など各器官の健康が維持されるよう働き続けている重要な物質です。

しかしながら、このヒト成長ホルモンはピーク時の20代後半から加齢とともに急激に減少していき、老化現象を引き起こします。

成長因子は、このヒト成長ホルモンを活性化させ、細胞分裂を活発化し新陳代謝を促進したり、抗酸化作用により細胞の酸化を防いだりする働きがあると言われています。

成長因子も体内で作られますが、残念ながらヒト成長ホルモン同様、加齢とともに生産量が減少していきます。ヒト成長ホルモンや成長因子の生産量が減少すると、体の様々な場所で老化が進行していきます。

ヒトもそうですが、馬や豚などの動物性プラセンタにはこの成長因子が含まれています。体内で不足した成長因子を補うことで、健康や美容、アンチエイジング効果などに期待が持てると言われています。

成長因子別の作用

成長因子には様々な種類がありますが、プラセンタに含まれている成長因子には以下のようなものがあると考えられています。

FGF
FGF(線維芽細胞増殖因子)は、肌の奥にある真皮のなかにある線維芽細胞を活性化し増殖を促す成長因子です。コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを作り出し、肌組織を修復、肌にハリやツヤ、透明感などを与えてくれます。また、シワやたるみを改善したり、ニキビ跡を目立たなくしたりする効果もあるとされています。

KGF(FGF-7)
FGFは、全部で23種類あり、FGF-○○(数字)といった名前が付けられています。なかでもFGF-7は別名KGF(角化細胞増殖因子・角質細胞増殖因子・ケラチノサイト増殖因子)とも言われ、新しい細胞生成(コラーゲン)機能により、シワを防ぎ回復したり、肌を保護し若々しく保つ、UV刺激からの防御、毛根を刺激し毛髪を強くするなどの効果が期待できるとされています。近年では毛髪の再生医療でも活用されています。

EGF
EGF(上皮細胞増殖因子)は、肌の表面(上皮)にある細胞の成長とコントロールに関わる成長因子で、皮膚や角膜、肺、気管などの上皮細胞の増殖を促し、表皮に弾力を与えたりキメを整えたり、新陳代謝を促進する働きがあるとされています。

IGF
IGF(インスリン様成長因子)には、IGF-1とIGF-2があります。このうちIGF-1には、壊れた細胞の再生を助ける作用により、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やす作用があります。軟骨細胞を増殖させ、関節痛を軽減・改善する効果があるとされています。また、育毛に関しては、髪の毛の成長期を延長させ、退行期や休止期を縮小させる働きがあるとされ、様々な育毛剤などにも活用されています。

NGF
NGF(神経細胞増殖因子)には、知覚神経節細胞・交感細胞・副交感神経などの神経細胞を増殖・再生し、自律神経やホルモンバランスを整える作用があります。その結果、精神が安定し、うつや更年期障害の症状を軽減・改善してくれたり、物忘れや老化を防止したりします。

HGF
HGF(肝細胞増殖因子)は、肝細胞や諸組織の細胞を増殖し、組織と臓器の再生と修復を促します。肝障害を改善・予防効果があります。

CSF・インターロイキン
CSF(コロニー形成刺激因子)は、白血球などの増殖を促す成長因子です。インターロイキンはいくつもの種類がありますが、基本的に免疫力の向上にかかわるさまざまな作用があります。

プラセンタには、多くの種類の成長因子が含まれており、それによる様々な効果が期待されていますが、プラセンタサプリとして販売する場合にこれらの成長因子が漏れなく含まれているかというと話は別です。

抽出技術や加工技術などで、いかに成長因子を破壊することなく抽出できているかは、商品個別の問題となります。

尚、成長因子が含まれているのはヒト・馬・豚・羊といった動物性のプラセンタのみです。植物性・海洋性のプラセンタにはもともと成長因子は含まれていません。

プラセンタサプリのランキング
 
関連記事
プラセンタの効果
胎盤には豊富なアミノ酸に加えて、成長因子(グロースファクター)が存在することが分かっています。プラセンタの効果は、他のサプリメントには含まれていないこの成長因子の作用によることが大きいと考えられています。
記事を読む

プラセンタTP200next
TP200nextは、オーストラリア・ニュージーランド産サラブレッドを低分子化技術で吸収力を高め他を圧倒する低価格で販売しています。タンパク質量を96.9%へとアップさせ、最も高いレベルでの抽出・製造に進化させています。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ