プラセンタの副作用

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの副作用

プラセンタの副作用


ここでは、プラセンタの副作用について解説します。

プラセンタの安全性

プラセンタを体内に摂りいれる方法には、
・医療機関で行われるヒト由来のプラセンタ注射や点滴による場合
・プラセンタサプリやプラセンタドリンクなど健康補助食品として摂取する場合
があります。

医療機関で行われるヒト由来のプラセンタ注射は、厚生労働省認可のもと、ごく限られた製薬メーカーの厳重な管理下で生産されています。まれに発熱や悪寒、発疹などがありますが、これまでに重大な副作用の報告は一度もないと言われています。

馬や豚の胎盤を原料とした市販のプラセンタサプリやプラセンタドリンクも、厳重な健康管理や衛生管理体制を持つ農場から仕入れられ、メーカー内においても厳しい自社基準を設けて高い安全性と品質の製品を製造しています。

また、プラセンタサプリやプラセンタドリンクは、医薬品ではなく、健康補助食品に位置づけられています。皮下注射や筋肉注射で体内に注入する訳ではなく、経口(服用)するものなので心配するような重大な副作用はほぼ起こらないと考えられています。実際、今までに重大な副作用の報告は一度もありません。

プラセンタサプリの原料となる馬や豚は、農場で厳しい健康管理や衛生管理体制で品質を確保し、さらにメーカーでも基準を設けて感染症などを検査したり製造過程で安全性の高い高品質のサプリメントを製造しているため安全・安心と言うことができます。

特に、その安全性は、馬であれば厳重な管理体制で育てられているサラブレッドもの、豚であれば日本SPF豚協会が認定する特別な管理体制の農場で育てられたSPF豚などでさらに高くなると言われています。

サラブレッドは血統がはっきりしており、分娩から出産、飼育まで完全な管理体制の元で育てられていますのでサラブレッド由来の原材料だとより安心です。

SPF豚は、日本SPF豚協会が定めた基準に基づいて育てられた豚で、抗生物質などを一切与えず厳重に管理された環境で育てられた豚のことをいいます。萎縮性鼻炎やマイコプラズマ肺炎、豚赤痢、トキソプラズマ、オーエスキー病などの病気が存在せず、安心して原材料として使用することができるとされています。

また、羊を原料にしたプラセンタサプリは、日本では狂牛病の問題が発生して以降、2001年に日本政府から制限がかかっており生産されていません。羊を原料としたプラセンタサプリを入手するためには、自己責任で海外から個人輸入することになります。

尚、医療機関で行われるヒト由来のプラセンタ注射や点滴を行った場合は、その感染症リスクはゼロではないため念のために以降の献血や輸血は禁止されています。

プラセンタの副作用

プラセンタは、重篤な副作用の心配は要らないとはいうものの、タンパク質(アミノ酸)でできていますので、食品と同様、タンパク質アレルギーの人などに痒みや発疹などのアレルギー反応(拒絶反応)が出る場合があります。

その他、軽微な副作用として以下の作用が出る場合があります。

痒みや発疹
吹き出物、ニキビ
むくみ
軟便
生理の時期が早まる
生理の時の出血量が多くなる

痒みや発疹、吹き出物、ニキビ、むくみの場合は、服用量を減らしてもなお症状がなくならない場合は、医師に相談したり、服用を中止して下さい。

生理の時期が早まったり出血量が多くなった場合も、継続服用しているともとに戻るので心配ないと言われていますが、生理の不順が続く場合は医師などの専門家に相談することをおすすめします。

一方、プラセンタに含まれる細胞増殖因子の作用で細胞が活性化し、
・一度閉経したにもかかわらず再度生理が始まる
・月に生理が2回発生してしまう
といった副作用?も報告されているようです。

プラセンタには、このような副作用があるものの非常に稀です。

また、口コミなどで確認されている副作用とも言えない体に起こる変化には、
・夜の早い時間帯に眠くなる
・眠りが浅くなる
・朝早く目が覚めてしまう
・夜中に目が覚める
・生理痛が軽くなる
・疲れにくくなる
・体重が増える
・顔や頭皮の皮脂が増える
・体臭がきつくなる
・胸が張る
・倦怠感
・便秘
などがあります。

尚、これらの体の変化は、身体が正常に戻る時の瞑眩現象(好転反応)によって引き起こされる現象とも考えられています。

プラセンタには不眠症の改善効果も期待されていますが、中には逆に寝つきが悪くなるという人もいるなど、睡眠については、個人差があるようです。

これは、プラセンタの自律神経を改善する働きによるものではないかと考えられています。ちょっとした興奮状態になって、眠りを邪魔することがあるのかもしれません。

しばらく服用すると体が慣れてくると思いますが、寝つきが悪い状態が続くようであれば夜ではなくてお昼にプラセンタを摂取するといった対応策も有効です。

また、プラセンタは肝臓の働きを助ける作用があるため、二日酔いを予防する作用もあると考えられています。

一時的な副作用の症状でプラセンタの服用をやめてしまうのは勿体ないことですが、副作用の症状が長く続いたり酷かったりするようであれば服用を中止する、場合によっては医師に相談するなどの対応を行うことによって大事に至るリスクも少なく、そういう意味では殆ど心配する必要はないと思われます。

・副作用のリスクが少ないプラセンタサプリのランキングはこちらです。
 
関連記事
プラセンタの効果
胎盤には豊富なアミノ酸に加えて、成長因子(グロースファクター)が存在することが分かっています。プラセンタの効果は、他のサプリメントには含まれていないこの成長因子の作用によることが大きいと考えられています。
記事を読む

プラセンタTP200
プラセンタTP200は、北海道の契約農場で育てられた希少なサラブレッドの胎盤だけで作られた純度100%の国産サラブレッドプラセンタサプリメントです。リニューアルしながら品質をアップさせてきました。
記事を読む

プラセンタTP200next
TP200nextは、オーストラリア・ニュージーランド産サラブレッドを低分子化技術で吸収力を高め他を圧倒する低価格で販売しています。タンパク質量を96.9%へとアップさせ、最も高いレベルでの抽出・製造に進化させています。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ