価格・コスパで選ぶプラセンタサプリ

価格・コスパで選ぶプラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. 目的別で選ぶプラセンタサプリ
  3. 価格・コスパで選ぶプラセンタサプリ

価格・コスパで選ぶプラセンタサプリ


安全性や品質の確保は最低限必要な条件ですが、長い期間継続して服用することを考えると価格が安くコストパフォーマンスに優れたプラセンタサプリを選ぶことも重要なポイントとなります。

当サイトのランキング評価でも重要視している要素の一つです。

コストパフォーマンスに優れたものとは、単に価格が安いだけでなく、安全性や品質(プラセンタの配合量やその質)に優れている割には価格も安いもの、と価格と安全性・品質のバランスに優れているものです。

安全性・品質が確保されており、価格(コスパ)優先という場合におすすめのプラセンタサプリを「プラセンタのみ配合のプラセンタサプリ」と「容成分がプラス配合されたプラセンタサプリ」別にご紹介します。

プラセンタのみ配合のプラセンタサプリ

馬は1年に1度の出産で1頭の子供しか産むことしかできず、豚の場合は、年に2〜3回、1度に10頭前後の子供を産むことができることから、希少性の高い馬のプラセンタはどうしても流通量が多い豚のプラセンタと比較すると高価になります。

しかし、近年は、需要が馬プラセンタへシフトしていることもあり、企業努力により間接利益などの中間コストや資材費、利益を抑え、馬のプラセンタサプリでも豚のものとあまり変わらない価格で販売しているメーカーも出てきています。

ここでは、馬プラセンタに限定して圧倒的にコスパに優れたプラセンタサプリ
・母の滴プラセンタEX
・TP200・TP200next
を紹介します。

コスパを考えた場合、1日量に含まれるプラセンタの量がかかわってきます。

例えば、
・1日量にプラセンタを200mg含む月額5,000円のプラセンタサプリと
・1日量にプラセンタを100mg含む月額3,000円のプラセンタサプリ
では、一概に
・1日量にプラセンタを100mg含む月額3,000円のプラセンタサプリ
が安くてコスパが良いとは言えません。

このことから、当サイトでは、安全性・品質が確保されたプラセンタの中から、100mgのプラセンタを摂取する場合によりお得なプラセンタサプリをコストパフォーマンスに優れたプラセンタサプリとして紹介しています。
 
プラセンタサプリ 月額費用 プラセンタ含有量 100mg当たり価格
母の滴プラセンタEX 4,860円 400mg/1日 41円
プラセンタTP200
プラセンタTP200next
2,700円 200mg/1日 45円


プラセンタ100mg当たりの価格は母の滴プラセンタEXが41円、TP200とTP200nextが45円と他のプラセンタサプリと比較して圧倒的にコスパに優れていると言えます。

特に、母の滴プラセンタEXもTP200・TP200nextも、プラセンタ粉末の低分子化を実現し、体内への吸収力を高めていますので、実際に体内に吸収されるプラセンタの量を考慮するとコスパはさらに高くなります。

母の滴プラセンタEXとTP200・TP200nextは、品質・安全性・コスパを兼ね備えたプラセンタサプリで、当サイトにおけるプラセンタのみの配合プラセンタサプリ部門でもランキングトップを争っています。

また、これらのサプリを実際に最も安くお得に購入するとなると
・母の滴プラセンタEXの場合が5袋のセットで1袋プレゼント(合計6袋)となり、
・TP200とTP200nextが定期購入3箱コース
となりますが、この場合は以下のようになります。

プラセンタサプリ 月額費用 プラセンタ含有量 100mg当たり価格
母の滴プラセンタEX
5袋+1袋セット
4,050円 400mg/1日 34円
TP200・TP200next
定期3箱コース
2,592円 200mg/1日 43円
プラセンタ原液または
ローションプレゼント

月額費用では、4,050円と2,592円と差がついてますが、これは、1日に摂取するプラセンタの推奨量が両者で異なるためです。

例えば、両者を同じ条件で比較するために1日のプラセンタの摂取量を同じ400mgとすると、月額費用はそれぞれ4,050円と5,184円となり、母の滴プラセンタEXのコスパが優れていることになりますが、TP200とTP200nextは、3ヶ月に1回、4,100円相当のTP200エッセンス&ローションが付属されますのでさほど差がないとも言えます。

尚、プラセンタの含有量の比較については、プラセンタ原末としての比較に統一して行います。サイトによっては、現役換算とか50倍濃縮といった紛らわしい表現で含有量を過大に表示しようとしているものも見受けられますので注意が必要です。

参考:プラセンタの含有量の比較

当サイトでは、最も優れたコストパフォーマンスを有するプラセンタサプリとしてTP200・TP200next、母の滴プラセンタEXを推奨します。

美容成分がプラス配合されたプラセンタサプリ

プラセンタの泉360やブルーミンプラセンタ300、プラセンタBp300などのようにプラセンタ以外の美容・健康成分が配合されているプラセンタサプリの場合は、単純にプラセンタ100mg当たりの価格で比較することができず、その他の成分として配合されている美容成分を考慮する必要が出てきます。

単純計算するとプラセンタ100mgの価格は、
プラセンタの泉360が31円
・ブルーミンプラセンタ300が94円
・プラセンタBp300が111円
となりますが、この価格には同時に配合されている美容・健康成分の価格も入り込んでいます。正確なコストパフォーマンスを割り出すためにはその他の美容・健康成分の種類や配合量を詳しく見ていく必要があります。

しかし、プラセンタBp300のようにその他の美容・健康成分についても配合量を明記している場合はいいのですが、ブルーミンプラセンタやプラセンタの泉360のように企業秘密として数字を公開していないものも少なくありません。

100歩譲ってプラセンタの泉360の場合は、例えその他の成分が仮に配合されていなかったとしても圧倒的なコスパがありますのでおすすめと言うことができますが、その他のプラセンタサプリで、成分の内容がわからない場合は、口コミなどで判断するしかないことになります。

基本的には、配合量を公開していないものはそれらの成分は殆ど配合されていないと考えてコスパを計算した方が無難と言えます。

当サイトでは、最も優れたコストパフォーマンスを有するプラセンタサプリ(美容・健康成分プラス配合)としてプラセンタの泉360を推奨します。

尚、プラセンタの効果を享受するには、継続して服用することが重要だと言われています。摂取しはじめた当初は特に変化を感じられなかったとしても継続して毎日摂取し続けることでプラセンタの効果を最大限導き出すことができると考えられています。

当サイト、プラセンタサプリのランキングでも価格やプラセンタの含有量、また吸収力などを考慮してコストパフォーマンスに優れたプラセンタサプリを厳選、さらにプラセンタサプリのみを配合したプラセンタサプリとプラセンタに美容・健康成分をプラス配合したプラセンタサプリを別々におすすめ順にランキング表示しています。

総合的におすすめのプラセンタサプリ
   
関連記事
安全性・品質で選ぶプラセンタサプリ
現在流通しているプラセンタサプリは、その原料が豚の胎盤のものと馬の胎盤のものが主流ですが、両者を比較すると馬の胎盤を原料としたものが安全性・品質が高いと言われています。
記事を読む

馬の産地で選ぶプラセンタサプリ
飼育方法によって品質や安全性が異なってきます。馬の産地はプラセンタサプリを評価する場合の原料の品質に密接に関わってきますのでプラセンタサプリのランキングにも影響してきます。
記事を読む

プラセンタの配合量で選ぶプラセンタサプリ
プラセンタの配合量はプラセンタ商品を選ぶ上で最も重要な要素の一つですが、ただ単にプラセンタの量だけで選ぶのではなく、価格や品質とのバランスを考慮して選ぶのが賢い選び方です。
記事を読む
 

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ