プラセンタに含まれる代表的な栄養素

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの知識
  3. プラセンタに含まれる代表的な栄養素

プラセンタに含まれる代表的な栄養素


プラセンタには実に様々な栄養素が含まれています。プラセンタが含有する栄養素とその働きについて簡単にまとめます。
 
栄養素

期待される効果

成長因子 特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性タンパク質の総称です。細胞の新陳代謝を促すスイッチのような働きを持ち、少量でも効果を発揮するのが特徴です。成長因子はプラセンタに含まれる栄養素として最も注目される成分です。
参考:成長因子の種類と働き
アミノ酸 身体を構成するたんぱく質のもととなる成分です。私たちは普段の生活で食品に含まれるたんぱく質からアミノ酸を補っていますが、これらのたんぱく質は吸収率が低く、多くは吸収されないまま体外に排出されてしまいます。プラセンタに含まれるアミノ酸は単体から構成されているため吸収率が非常に高いのが特徴です。
参考:アミノ酸の種類と働き
タンパク質 人体にとって重要な「三大栄養素」(タンパク質、脂質、糖質)のうちのひとつで身体を作る上で重要な栄養素です。人間の筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなっています。体内に入ると酵素によってアミノ酸に分解され、身体の必要な箇所に再結合されます。
活性ペプチド アミノ酸が2個以上結合した構造を持ち、アミノ酸とたんぱく質の中間の性質を持つ成分のことです。アミノ酸同様、人体機能を活性化させ、たんぱく質と同じように皮膚や髪の毛、筋肉、内臓など人体組織の材料となります。効率よく体内に吸収され、生体のバランスを保つために形を変えて体の色々なところで作用し、予防効果をもたらします。
脂質 脂質は細胞膜や角膜、ホルモンなどの構成成分で身体を動かすための重要な栄養素です。また、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなどの役割も担っています。
脂肪酸 脂質の大部分を占めるのが脂肪酸です。一般に人体のエネルギー源となり、細胞や血管などの私たちの身体を支える栄養素です。プラセンタの脂肪酸は、脳や神経を生成する際に必要な成分です。
糖質 身体、特に脳や神経系のエネルギー源になるための重要な栄養素です。糖質が不足すると脳の働きが鈍ってしまいます。
ムコ多糖体 ムコ多糖体は、細胞と細胞の間に詰まっている水分を体内に留めておくためのスポンジのような物質です。ムコ多糖体は、20代後半位から減りはじめ、それに伴い老化現象が進んでしまいます。
ビタミン プラセンタには、ビタミンB1やB2のほか、B6、B12、ビタミンC・D・Eなどのビタミンが含まれています。ビタミンは炭水化物やたんぱく質などの働きをスムーズにする調整機能持っています。生活習慣病を予防する働きがあります。ビタミンが不足すると様々な欠乏症上が起こります。
ミネラル タンパク質・糖質・脂質・ビタミンと並び、人体の五大栄養素の一つとされています。体液量や酸・アルカリ度の調整、筋肉や神経のはたらきの調節にも不可欠です。
核酸 核酸は、人体を構成している60兆以上もの細胞の分裂活動をコントロールしている栄養素です。遺伝子の修復や、新陳代謝の調整に働きかけるほか、免疫力を高めたりアレルギー症状を改善する働きがあります。人間の体内でも作られる成分ですが、加齢とともに減少しますので、プラセンタから核酸を摂取することで老化予防(アンチエイジング)や免疫力の強化が期待できます。
酵素 酵素には消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素は、主に食べ物を消化・分解してくれる物質です。代謝酵素は、筋肉や骨などを作ったりと、一切の生命活動に密接に関与しています。


プラセンタには、成長因子をはじめとするこれだけ豊富な栄養成分が含まれているため、プラセンタサプリとして毎日継続して摂取することで、美容面や健康面で身体の様々な症状を改善できる効果が期待されています。
    

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ