豚プラセンタの特徴

プラセンタサプリを評価してランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. 豚プラセンタの特徴

豚プラセンタの特徴


ここでは、豚プラセンタの品質や安全性、価格などを解説します。

デンマーク産豚とSPF豚は品質・安全性が比較的高い

かつては化粧品やサプリメントなどに使用されるプラセンタの原料には牛が使用されていた時期もありました。

しかし、狂牛病の発生を機に、厚生労働省から牛や羊などの反芻動物の胎盤は使用してはならないという通達が出され、これを機に生産量の多い豚の胎盤を原料としたプラセンタが流通の主流になってきました。

豚プラセンタの特徴

現在、市販されているプラセンタで最も多いのが豚のプラセンタと言われています。

ですが、豚は大腸菌性下痢や豚流行性下痢、インフルエンザ、マイコプラズマ感染症などの感染などを防ぐために、さまざまなワクチン注射や抗生物質などの薬剤を投与されてる可能性があり胎盤への影響も懸念されています。

特に、近年は、豚流行性下痢の発生が確認され、ニュースでも話題になっているため、豚の胎盤を原料としたプラセンタが大丈夫なのか気になるところです。

このような経緯から、最近では、より安全性の高く栄養価も高いと考えられている馬の胎盤を原料としたプラセンタサプリに人気が出ています。

但し、豚の胎盤を原料としたプラセンタサプリでも、
SPF豚
デンマーク産の豚
などは、比較的安全性が高いと評価されていますので豚のプラセンタサプリを選ぶ場合は上記のどちらかを選ぶようにすると良いと思います。

デンマーク産の豚とSPF豚
デンマークは、酪農畜産国としてヨーロッパでも最も進んでいると言われ世界でもトップレベルの酪農畜産国と言われています。国家体制で家畜に対する厳しい安全基準を設けており、確実なトレーサビリティが要求されています。ためその品質管理においても日本と比べてもはるかに高い技術を持っており、その環境下で育った豚は安全で品質が高いと評価されています。

SPF豚(Specific Pathogen Free)とは、日本SPF豚協会が定めた衛生基準・飼育基準に従い、抗生物質などを一切与えず厳重に管理された環境で育てられた豚のことで、豚の健康に悪影響を与える萎縮性鼻炎やマイコプラズマ肺炎、豚赤痢、トキソプラズマ、オーエスキー病などの5つの病気が存在しない豚のことをいいます。殺菌処理も通常の豚プラセンタよりも少なくて済むため、その有効成分をほとんど残したまま抽出できるといわれており、安心して原材料として使用することができるとされています。

近年はこのいずれかの豚のプラセンタを原料としたプラセンタサプリの取扱いが増加傾向にあります。

人との相性がいい

豚は、胎盤組織が人間と良く似ているところからもともと人間の臓器移植の手術などでも使われており、人間との相性が良いと言われています。

豚は、人の体内に入ってからの吸収率が高いという見解もありますが、現在では、抽出技術や商品化する際のナノ化技術なども高度化しているため、吸収率の判断に関してはそちらの方を重視した方が妥当だと考えます。

価格が安い

豚のプラセンタは、現在、健康食品・化粧品のプラセンタでは最も多く流通しています。パッケージに「プラセンタ(P)」と記載されている化粧品や健康食品を見かけることも多いと思いますが、これは、豚(Pig)由来のプラセンタの略です。

馬は年に1度の出産で1頭の子供しか誕生しませんが、豚の場合は、年に2〜3度、1度に10頭前後の子供が産まれます。このことから豚のプラセンタは、流通量が多く確保しやすいため馬と比べると一般的に安価となります。

しかし、近年は、より安全で安心度が高いとされる馬の胎盤を原料としたプラセンタサプリへのニーズが高まってきているところからプラセンタTP200TP200next母の滴プラセンタEXなどのように馬プラセンタサプリでも豚プラセンタサプリと変わらない価格のものが販売されるようになってきています。

このため、これまで豚のプラセンタを原料としたプラセンタサプリから馬のプラセンタを原料としたプラセンタサプリにシフトする消費者も増えているようです。

プラセンタサプリのランキング
 
関連記事
馬プラセンタの特徴
馬は、元々病気にかかりにくい上、病気感染などには特に注意して飼育されており衛生管理システムも徹底されていますので牛や豚より病気の心配も少なく寄生虫などが住み着くリスクが非常に低くなります。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ