プラセンタのアンチエイジング効果

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの効果
  3. プラセンタのアンチエイジング効果

プラセンタの効能:アンチエイジング効果


ここでは、プラセンタに期待できる効能の一つであるアンチエイジング効果について解説します。

老化の原因

活性酸素

老化とは、加齢とともに身体の機能が衰え、老いていく現象です。

その重たる原因の一つが最近よく耳にするようになった「活性酸素」という物質によるものと考えられています。

活性酸素は、強い酸化作用をもつ酸素で、体に侵入してくる細菌やウィルスなどを攻撃して細菌やウィルスなどの体内への侵入を防ぐ働きがありますが、過剰に活性酸素が発生すると逆に細胞が攻撃され、細胞膜の脂質が酸化して細胞が栄養と老廃物の出し入れをスムーズにできなくなり老朽化します。

私たち人間の場合、呼吸によって取り入れられる酸素の約2%が活性酸素になると言われていますが、殆どの活性酸素はそれを除去する酵素やビタミンなどの抗酸化剤で消去されるため問題はありません。

しかし、過度のストレスや激しい運動、喫煙、紫外線、バランスの悪い食事、生活習慣の乱れなどによって活性酸素の生産と消去のバランスが崩れると老化が進行する原因となる場合がありますので生活習慣や食習慣を健全なものにすることが先決です。

糖化

糖化とは、食事などで摂った余分な糖質が体内のタンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変性することで、AGE(糖化最終生成物)という物質を生成する反応のことです。一度糖化が起こると、もとの状態に戻すことはできません。

肉やパンが焼け焦げると固くなって色が変わることと同じ現象です。 糖化によって造られるAGE(糖化最終生成物)は年齢とともに増え、エネルギー代謝が落ち、血流が悪くなり、内臓をはじめとする様々な体内組織に作用して、多くの病気や老化の原因となることが知られています。

糖化対策としては、何よりも糖分を摂り過ぎないことが有効ですが、食事の順番としてご飯より野菜を先に食べる、食後は軽い運動をする、など血糖値の上昇に気を付けた生活をすることが有効です。

酸化が「体の錆」と言われているのに対して糖化は「体の焦げ」とも呼ばれており、どちらも老化とは密接なかかわりを持っています。

ホルモンの減少

ホルモンとは、微量ながら私たちの体の組織や器官の働きを調節する物質です。

中でも若返りに関係しているホルモンとしてDHEAホルモンというものがあります。

DHEAは、体内の副腎線や脳などで作られ、体内で最も量が多いホルモンですが、加齢とともに分泌量が急激に減少していきます。

DHEAは、 テストステロン(男性ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)の材料になるホルモンで、後にテストステロンとエストロゲンに変化されます。

DHEAには、動脈硬化の予防や糖代謝の改善、運動能力の改善、免疫力の維持・増強、骨粗鬆症、抗ストレスなどのほか、筋肉の増強・筋肉能力の維持、記憶力の改善など様々な作用があるとされていますので、この分泌量が減少すると老化の原因になる可能性があるとされています。

プラセンタでアンチエイジング

アンチエイジングとは抗老化のことです。

プラセンタには老化の原因となる活性酸素を除去する作用があると考えられています。

プラセンタを摂取して増えすぎた活性酸素を除去することで体の老化を防ぎ、肌のターンオーバーを正常化したり肌のシミやシワを防ぐよう働きかけることができます。

塗布クリームや化粧水などで肌の活性化を促し、老化を防ぐといった利用のされ方から注射をはじめ、内服薬やサプリメントなどにより体の中からのアンチエイジングを図る利用のされ方もあります。

活性酸素の発生に最も関係している体の臓器は、肝臓です。

肝臓の活動には大量の酸素を消費するため多くの活性酸素が発生します。元気な肝臓は活性酸素を除去する抗酸化力で対抗しますが、肝臓の機能が低下して抗酸化力が落ちるとカラダのあちこちに悪影響を及ぼします。

プラセンタの成分の中には、HGF(肝細胞増殖因子)と呼ばれる肝臓細胞の成長を促す因子があります。肝臓機能が向上し、肝臓が活発になれば、それだけ抗酸化力が向上し、老化の進行を緩めることができます。

また、プラセンタに含まれるアミノ酸やミネラル、ビタミンなどもアンチエイジングに欠かすことができない成分です。これらの成分は、新たな活性を生み、新陳代謝を促進します。

さらに、プラセンタに含まれる核酸は、人体を構成している60兆以上もの細胞の分裂活動をコントロールしている栄養素です。遺伝子の修復や、新陳代謝の調整に働きかけ、老化予防が期待できます。

また、Bp300AGEST(エイジスト)などのプラセンタサプリは、プラセンタを含有するほか、低分子コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチン、デルマタン硫酸などアンチエイジング効果が期待できる成分を豊富に含有しているため、プラセンタとの相乗効果でさらなる効果が期待できます。

関連記事
プラセンタの美白・美肌効果
シミやソバカス、くすみなどで肌が黒くなるのは、メラニン色素によるものです。髪の毛や体毛が黒いのはメラニン色素が着色されているためでシミやソバカス、くすみも同じメカニズムで黒くなります。
記事を読む

プラセンタでニキビを改善
ニキビはできる場所によって原因が異なりますが、いずれにしても皮脂や角質が毛穴を塞ぎ、毛穴の中に溜まることで引き起こされてしまいます。
記事を読む

プラセンタの薄毛改善効果
男性のAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが大きくかかわっていることがわかっています。女性の場合も女性のFAGA(女性の男性型脱毛症)が近年急増しており、やはり男性ホルモンが大きくかかわっていると考えられています。
記事を読む

プラセンタで基礎代謝をアップ
基礎代謝とは、心身ともに安静な状態で生命を維持するために最低限必要なエネルギー消費量のことです。人間の場合、1日の総消費エネルギー量は・・・
記事を読む

プラセンタで免疫力をアップ
免疫力とは、ウイルスや細菌などの病原体などの外敵が体内に侵入することを防いだり、体内にできた有害な物質に対抗する自己防衛機能のことです。
記事を読む

プラセンタで更年期障害を改善
閉経前後のおよそ10年間が更年期とされています。女性の場合、50歳頃に閉経を迎えますので、40代半ば頃から更年期に差し掛かります。
記事を読む

プラセンタで肝機能改善効果
肝臓は約3,000億個の細胞から成る体の中で最も大きな臓器の一つです。重さは成人で体重の50分の1に相当する1〜1.5kgほどあります。
記事を読む

プラセンタで自律神経失調症を改善
自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない循環器や消化器、呼吸器、血圧、体温調節などの活動を調整するために24時間働き続けている神経です。
記事を読む

プラセンタで不眠症を改善
日本人の5人に一人が、60歳以上の方では3人に一人が不眠症で悩んでいるといわれています。不眠症は、眠りについての障害で原因には、様々なものがあります。
記事を読む

プラセンタで前立腺肥大を抑制
前立腺は膀胱の下部にある臓器で男性生殖器官の一つです。前立腺肥大症とはその名の通り、前立腺の内側の部分が肥大化する病気です。
記事を読む

プラセンタの精神安定作用
精神が不安定になる(情緒不安定になる)原因は人により様々です。一般的に考えられるの原因は、極度のストレスや長期間の持続的なストレス、女性の場合は、月経や排卵、妊娠・出産、更年期などによるホルモンバランスの乱れなどです。
記事を読む

MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ