プラセンタの主成分であるアミノ酸の働き

プラセンタサプリのランキング
  1. プラセンタサプリ ランキング
  2. プラセンタの知識
  3. プラセンタの主成分であるアミノ酸の働き

プラセンタの主成分であるアミノ酸の働き


プラセンタの主な成分の一つであるアミノ酸。「アミノ酸」は、よく耳にする単語(言葉)ですが、何のことかよく分からない人も少なくないはず。ここでは、アミノ酸の内容プラセンタに含まれているアミノ酸とその働きについて解説します。

アミノ酸とは?

私たちの体の60〜70%前後は水分で、20%前後はタンパク質で構成されています。

私たちの体の皮膚や筋肉、髪の毛や消化器、血管や内臓、さらには細胞などのもとになるのがタンパク質ですが、そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

つまり、人の体から水分を除いたら、その殆どがアミノ酸から構成されていると言っても過言ではないくらい人間の生命活動を支える上で重要なのがアミノ酸なのです。

私たちは毎日の食事から肉や魚、野菜などのタンパク質を摂取しますが、タンパク質は体内に入ると胃や腸の消化酵素で一旦アミノ酸にまで分解されます。

アミノ酸に分解された後、再び筋肉や皮膚、血液など体内の様々種類のタンパク質に作り変えられます。

自然界にはおよそ500種類ほどのアミノ酸が存在しますが、人の身体のタンパク質を構成するアミノ酸は以下の20種類です。

これら20種類のアミノ酸は、
・体内で合成することができず食事など外部からとる必要がある「必須アミノ酸」と、
・体内でほかのアミノ酸から合成できる「非必須アミノ酸
に分けられます。

アミノ酸の働き

必須・非必須

アミノ酸の名称とその働き

必須アミノ酸 ロイシン、イソロイシン、バリン、トリプトファン、トレオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン
※ロイシンは、肝機能の増強する作用のほか、インスリンの分泌を増加させる作用があるため、エネルギーとしてブドウ糖を筋肉の細胞に取り込み筋肉を強化する働きがあります。
※イソロイシンは、筋肉の強化や肝機能の向上効果のほか、血管の拡張や体の成長を促進する働きがあります。また、プロリンとの相乗効果で保水力を高めます。
※バリンは、血液中の窒素バランスを調整したり、筋肉や肝臓に働きかけます。
ロイシン、イソロイシン、バリンの3種のアミノ酸は、BCAAと呼ばれ、筋肉組織の原料となるのでスポーツ関係のサプリメントによく使われています。また、体内でタンパク質を作る能力をアップさせる働きがあるとされています。
※トリプトファンは、肝臓、腎臓で分解されエネルギー源となります。また、脳内で神経伝達物質のセロトニンを形成します。
※ヒスチジンは、特に子供の成長に関わるアミノ酸で、白血球の生成を促進して免疫力を高めます。
※フェニルアラニンは、脳内で、神経伝達物質のノルアドレナリン、ドーパミンの合成原料となります。甲状腺ホルモンの分泌を促し、精神を安定化させます。
※メチオニンは、有害な鉛、水銀、カドミウムなどに結合して体外へ排泄します。また、腎臓や肝臓から毒性のある老廃物を取り去り代謝を促進して血中コレステロール値をコントロールします。また、神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなど、うつ病を改善させる作用を持つ脳内物質の材料となります。
※リジンは、骨の生成を助け、骨粗鬆症を予防します。またウィルスの働きを抑制する働きがあります。また、男性脱毛症の改善に有効であるとされています。
非必須アミノ酸 アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、グルタミン、グルタミン酸、アルギニン、システイン、プロリン、グリシン、セリン、チロシン
※アスパラギン酸は、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをするため、疲労回復に効果があります。多くの栄養ドリンクに利用されています。
※アラニンは、肝機能を改善し、アルコールの分解を促進するアミノ酸の一種です。タンパク質が筋肉や運動時のエネルギー源になるのを促進し、持続的な運動を支える効果やまた免疫力を高める働きがあります。
※グルタミン酸は、脳の機能を活性化する効果やアンモニアの解毒・利尿効果があり、筋肉や免疫力を強化するたんぱく質を構成する働きを持ちます。また脳の興奮を鎮めるGABA(ギャバ)を生成する働きもあります。
※アルギニンは、成長ホルモン分泌を促進し、免疫力を高める働きがあります。ストレスや喫煙や動脈硬化などで細くなった血管を拡張する作用があるとされています。
※システインは、メラニンの生成を抑制したり皮膚を紫外線から守る作用があります。シミの改善などの医薬品に使用されています。煙や動脈硬化などで細くなった血管を拡張する作用があるとされています。
※プロリンは、皮膚などの組織を構成するコラーゲンの原料となり皮膚に潤いをもたらす天然保湿成分として最も重要なアミノ酸の一つです。
※グリシンは、肌のコラーゲン中に多く含まれるアミノ酸で、保湿、酸化防止、制菌、ミネラルの吸収を助け、胃液の分泌を正常化します。
※チロシンは、アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質や、甲状腺ホルモンや髪の毛、メラニンの原料になります。

身体の中には、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のほかにもオルニチンやシトルリンといったもののようにタンパク質と結合せずに一つひとつのアミノ酸の状態で体内中に存在しているものも存在します。これらは、遊離アミノ酸と言われています。

その他にも肌にハリを持たせる美容成分として知られているコラーゲンもアミノ酸からできていたり、育毛や髪質にも影響を及ぼしたり、アミノ酸には、その他にも人の健康や美容麺においても様々な働きがあると考えられています。

体内で合成出来ない必須アミノ酸や非必須アミノ酸が不足すると、体のあちこちにトラブルが起こります。普通に食事を摂っている場合は、特に意識する必要はありませんが、食事に偏りがあったり、食事制限などをする人にとっては、意識してアミノ酸を摂る必要があります。

どれだけ栄養素を抽出できるかという抽出技術によるところがありますが、高品質の馬プラセンタには、上記の殆どのアミノ酸が含有されています。

尚、馬プラセンタには、豚プラセンタには殆ど含まれていないと言われる必須アミノ酸のイソロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・ロイシンの6種類が含有されているといった記事が見受けられますが、これは間違いで豚プラセンタにもこれらの成分は含まれているという成分分析の結果が公開されています。

プラセンタサプリに含まれるアミノ酸は、単体から構成されているため、体内への吸収率がとても高く人の健康や美容に大きく貢献できると考えられています。

以下は、プラセンタTp200のカプセルの中味について分析試験した結果表です。

Tp200next母の滴プラセンタEXもタンパク質量はさらに高い数値ですので下記と同等以上のアミノ酸が含まれていると推測できます。
 

プラセンタtp200のアミノ酸分析結果


MENU

プラセンタのみ配合サプリ

プラセンタ+美容成分サプリ

プラセンタの知識

プラセンタサプリ選びの知識

プラセンタの予備知識

ランキング評価について

運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright (C) 2013 プラセンタサプリのランキング All Rights Reserved.



▲TOPへ